人生は「ニャン!」とでもなる。

神奈川在住、アラフォーゲイのブログ。心理占星術/HSP/エサレン®ボディーワーク

もう、頑張らなくていいんだよ。

アメブロ記事(2014/10/9)の再更新です。

 

こんばんは。
男性カラーセラピストのまるのすけです。

昨夜もヨガスクールでした。
最初の2回は講義だけだったのだけど、
昨日はほぼ実技!

ほぼ初心者レベルなんで、
ついていくので精一杯、というか、
ついていけてなかったのですが(笑)、楽しい時間が過ごせました。
これでも体育会出身なんで、
その血が騒いで根性で乗り切ったー!



が、しかし・・・



今朝起きると腰に違和感。
腰椎とその周りが全体的に固まっていて。


これはヤバい。


俺にとって、これはとってもとってもヤバい兆候なのでした。

24歳で腰椎椎間板ヘルニア
36歳で再び腰椎椎間板ヘルニア(この診断は微妙w)、
37歳で仙腸関節捻挫(病院行ってないからこれも微妙w)、

と過去何度も腰痛で動けない状況になりました。
これ以外にも小さいの含めれば何度も何度もあるのですが・・・

特に24歳、36歳の時はひどく、
腰だけではなく右足にも症状が出まして。

36歳の時は人生初の入院を経験しました。
入院しても治療することはないと言われたので、
入院してても意味ないと思い、
車椅子に乗って無理矢理4日で退院したのですが・・・

歩けないのでトイレまで這って行き、
便座に座ると激痛が走るので、
まるでウルトラマンのように急いで用を足し、
終わった後はすぐさま床に倒れこみ、
痛みが落ち着くまで冷たいフローリングの上で寝て、
それから部屋まで這って戻る日々。

風呂も2週間入れず、
夜は痛みでろくに眠ることもできず。

痛みは例えて言うならば、
ナイフ100本ぐらい束にして延々とグサグサ刺しているような、
そんな感じ。
なぜかそれが右アキレス腱の辺り一点に集中していました。
誰か藁人形でも打ってるんじゃ、と本気で思ってました(ノДT)

寝ているだけでも感じていた痛みが取れた頃、
ようやく歩こうと思って歩き始めたところ、
俺に待っていたのは、
右足の痺れと脱力感。
歩き始めると右足に全くといっていいほど力が入らなくなって、
最初は50m歩くのが精一杯。


これ一生歩けなかったらどうしよう?


って本気で思った。
怖くて怖くてしょうがなかった。

結局、毎日少しずつ距離を伸ばすことができて、
最終的に入院した日から数えて、
1カ月半ぐらいが経って、
無事ようやく普通に歩けるようになりました。

あの時どんだけ大変だったのか、
もう思い出せないし思い出したくもないんだけど、
もう二度と味わいたくないと思ったし、
痛みに耐えてる間は「殺してくれ!」ぐらい思ってたと思う。
ホント痛みで眠れなくて、
入院中は筋肉注射して無理矢理寝かされたぐらい。

もう絶対に絶対に絶対に・・・
あんな思いするのはイヤ。

だからね、ヨガ、頑張らないことに決めました。

頑張らないくらいがちょうどいいんだよ、俺には。
ちょっと手を抜いたぐらいが、
他の人の頑張ってるレベルだと思ってるから。

初めて腰椎椎間板ヘルニアになった24歳の時、
きっかけは専門学校の実習でした。

ただの見学実習だったのだけど、
重ーい患者さんを何度も何度も立たせることをやらされて。
その時、何も知識がなかった俺は、
力ずくで繰り返したら、その後腰に違和感。
そしてぎっくり腰になり、ヘルニアへ。
それから俺は腰に爆弾を抱えるようになり、
その影響もあって身体中のバランスがめちゃめちゃになりました。

腰以外にも膝にも爆弾がありまして。
おかげで趣味だった走ることができなくなりました。
これのきっかけは膝の調子が悪いにも関わらず、
人数が足りないからと言われて出させられた、
地元の駅伝でした。
その後、慢性的に膝に痛みが出るようになり、
走ることを諦めざるを得なくなりました。

ホントはもっと走りたかったんだよ。
今でも走っていたかったんだよ。

腰の痛みも膝の痛みも、元はと言えば、
「他人のために」頑張ったことがはじまり。

その時は、
まさか15年先までその影響が続くなんて
思ってもみなかったんだよね。

あの時、「自分のために」頑張ることを止めていたら。
自分のために「頑張らない」とう選択をしていたら。

そう、今でも思う。

頑張って頑張って、身体を痛めつけた。
頑張って頑張って、心も痛めつけた。

自分でね。

だからね、もう頑張らないって決めたんだー。
自分を守れるのは、自分しかいないもの。
他人が何か言ったところで、
他人には自分の痛みはわからないもの。

もう、自分で自分を痛めつけることはしない。
俺は、俺が守る。

「頑張らないことを頑張る」ことが、
今回ヨガスクールに通うにあたっての課題になりそうだよ。

でも、サポート役のなっちゃんにそれをメールで伝えられたのは、
俺の中で大きな進歩。

辛くなったら強がらないで、我慢しないで、
自分を大事にしてあげる。

その先に見えてくるものはどんな景色かなー。