人生は「ニャン!」とでもなる。

神奈川在住、アラフォーゲイのブログ。心理占星術/HSP/エサレン®ボディーワーク

僕が守る

アメブロ記事(2016/9/25)の再更新です。

 

2014年12月の記事、
加筆修正して再更新。
 
 
この時の俺、
怒りは感じ切れてたみたいだけど、
その下にあるかなしみってのは、
よくわからなかったんだよな、
きっと。
 
 
それでも、
このときの俺には
「よくやったね」って今でも言える。
はじめてだったから。
こんな風に
はっきりと意思表示ができたのは。
 
 
だけど、
その後同じようなことがあっても、
なかなか言えない場面もあり、
小さい頃から溜めてきた、
こういったかなしみやさみしさが、
今大噴出中。
 
 
少しずつ少しずつ、
文字にすることで解放させていきます。



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,★゚・:,。゚
 
 

こんばんは。
男性カラーセラピストの

まるのすけです。


ここのところ、
ものすごい勢いで
変化が起こっています。
気付きの連続。

 
日々、どんどん変化していくので、
ブログ書くのが
追っつかないんだけど(笑)、
これは自分のためにも
書き残しておきたいので、
書いておきます。


これまた2週間ぐらい前の話。
ヨガスクールでの出来事でした。
その日は1日だけ担当の先生の授業で、
午前中は真面目に
授業を聴いていたのですが、
昼休みが終わってしばらくして、
事件は起こりました。


どんな話だったかは
もうかなりうろ覚えなのですが・・・
あ、思い出した。


指の組み方で右(or左)脳優位か
調べるやり方知ってる?
みたいな話になって、
女(男)は右(左)脳優位と
言われてるけど・・・



オカマは
どっちかしらね?フフ



みたいな発言を先生がされたのですよ。
で、それにつられて(?)、
プッて笑う子も何人かいて。


「フフ」って言ってたかは
定かではないのだけれど、
俺にはそう聴こえたの。
エネルギー的にはそう聴こえたの!!


それまで超真面目に授業聴いてたのに、
一転。
もんのすごく不快な気持ちになり、
全く授業は聴かなくなり、
そっぽ向いてボーっとしたり、寝たり。


心の中では、



この
くっそばばあ!
ざけんな!!




などなど口汚い言葉たちが満ち満ちて、
相当興奮してました。
心拍数もかなり上がってたと思う。


かなりしばらく
その感情を味わっていたら、
怒りの感情は抜けていったのだけど…


先生に、



さっきのあなたの発言は
非常に不快でした



と伝えたい。


そんな自分がいました。


けれど、


別に自分が
直接バカにされたわけではない。
自分はオカマなわけでもない
(ゲイではあるがオカマではない)。
授業内容と直接関係ないことを
いちいち言わなくてもいい。
いちいちみんなの前で
そんなこと表明しなくていい。
言うなら授業終わってから
先生に直接言えばいいじゃない。


・・・だの何だの、囁く頭。


それでも言いたい。


学生時代から今まで、
同じようなことが
何度も何度も繰り返されてきた。
「ホモとかレズって気持ち悪いよね」
って嘲笑われたり、
時には個人的に中傷された。


個人的に言われる方がまだマシだった。
反撃しようと思えばできるから。


でも、例えば授業中とか
友達が集まって話してる時なんかに、
そういう「ホモネタ」になって
みんなが笑ってる時は、
一緒に笑ってるしかなかった。
一緒に笑わないと
自分がゲイだってバレるから。
もしバレたら、
いじめに遭う?無視される?
これからどうなる?
そんなことを考えると、
愛想笑いするほかはなかった。


自分で自分のこと、
嘲笑なんてしたくないのに
することほど、
辛くて辛くて
どうしようもないことは
なかったんだよ。


そんなことを思い出して、
ああ、これは周りに
どう思われようが関係ない、
先生に向かってどうのこうのとか
言われても知らん、


今まで辛くて辛くて
泣きたくても泣けなかった、
我慢してきた自分に対してごめんなさい
の気持ちと、


これからは
自分の想いに正直に生きるから、
俺が俺を守るから
の気持ちを込めて、


授業の最後の最後、先生に伝えました。
みんなの前で。


とても不快だったこと。
人前に立つような人なら
そういう話で笑いを取るようなことは
しないでほしい、ということ。
あなたの知らないところで
傷ついてる人が
沢山いるかもしれないということを。



自分では冷静に
言おうとしたつもりだったけど…
その前に別の質問で少しキレてしまい、
あとでクラスメートに
「怒ってたね」と言われた(^▽^;)


そこまでするのはホント怖くて怖くて、
身体も声も震えてて。


でも、言い切ったと同時に、
自分の何かが溶けたような気がした。
「よくやったね」って、
自分に言われたような気がした。


そこから、
何かがシフトチェンジしたようで、
生まれ変わったような、
そんな感覚になっています。
そして、日々どんどん
変化していってる今日この頃です。


結局、怖かったのは杞憂に終わり、
何人かのクラスメートからは
「話してくれてありがとう。
いろんなことに気付かせてもらった」
って言われたし、
先生からも直接謝罪された
(本心かわかんないけど(笑))。


でも、それも嬉しかったけど、
何より自分で自分を守れたことが
嬉しいの。


今まで、どこまでもどこまでも
自分で自分を傷つけてきた自分が、
ようやくようやく
自分を守ることができたから。


その大いなる一歩。
大いなる記念日。


俺もまだまだ40歳。
もっともっと自分のこと好きになって、
もっともっと自分のこと
大切にしていきます♡