人生は「ニャン!」とでもなる。

神奈川在住、アラフォーゲイのブログ。心理占星術/HSP/エサレン®ボディーワーク

やりたかったのは、「何もしない」ことだった。

アメブロ記事(2014/6/24)の再更新です。

 

f:id:marunosuke1107:20180511122600j:image

 

こんばんは。
男性カラーセラピストのまるのすけです。

 

仕事復帰して1週間。
3週間の休暇の間、
ひたすらダラダラした時間を
過ごしていた俺ですが、
その後も引き続き
休みの日はダラダラダラダラ・・・
超怠け者ライフを
満喫していますo(^^)o

 

今日も本を売りに行ったり
食材買いに行ったり
掃除したり料理したりはしたけれど
それ以外は基本
ボーッとして過ごしてます。
なーんもやる気しないんだもん。
Amazonで買った本が届いたけど、
3ページ読んで疲れてやめちゃったw

 

思えばこの6年ほど、
俺は「休息」というものを
知らずに生きてきた。
精神的休息、という意味では、
もっとずっと前からだったかもしれない。

 

なんだかよくわからないけど
追われるような毎日を生きてきて、
スケジュールが埋まれば埋まるほど
人生充実するような錯覚を覚えては、
生き急いでた。
友達には
「よくそんなに予定埋められるね~」
と言われることも多くて、
でも俺はそれが誇らしかった。
今考えてみれば、

 

アホか!

 

と思うけど(´Д`;)

 

ある日、
「スケジュールを
埋めればいいってもんじゃない」
って気付いて
予定を入れない日も入れてみたけど、
結局予定を入れなくても
頭の中は未来のことばかり。
あーでもないこーでもないって、
将来どうするか考えてばかりの
自分がいた。

 

とにかく頭でいろんなことを
考えまくっては、
あれもしなきゃこれもしなきゃ
という強迫観念みたいなものがあり、
休みの日はほとんど
セミナーやら勉強会やら読書に費やした。
友達と会ったりしていても、
それに集中できず
先のことばかり考えていたように思う。

 

もう限界だったんだろうね。
身体がそれを教えてくれた。
湿疹がひどくなりまくって、
仕事も何もできない状況に追いやられた。
止めどなく溢れる浸出液は、1日中
ティッシュで拭いても拭いても溢れてきて
肉体的にも精神的にも、
身の回りのことをこなすだけで
精一杯になった。
(ブログだけは意地で書いてたけどw)。

 

そんな状況で実家に帰って、
海でボケーッと過ごしてたら、
何もしないでボーッとすることの
素晴らしさがよくわかった。
何なんだ、この気持ち良さは。
頭をカラッポにして過ごす心地よさは
ものすごく格別なものだった。

 

実家には何冊か本を持って行ったけど、
全く読まなかった。
読む気になれなかった。
それは今でも続いてる。

 

頭を使うことを
ホントの自分が拒否してる。
だから、料理とか掃除とか洗濯とか
頭カラッポでも感覚でできることとか
運動することが今はいちばん心地いい。

 

あとは、何もしない。
ひたすらボーッと過ごす。

 

余計なことを考えず、
頭をカラッポにして、感覚で生きる。

 

今はこの生活がとっても心地いいけど
自分にとって理想の人生は
まさにこれなのかもしれない。
この生活を続けてたら
そのうち飽きてきてしまう日も
くるかもしれないけれど、
その日までは
この生活を続けてみようと思う。
でも、多分飽きないだろうな。
だって、心地いいんだもん(^▽^
もうちょっと遊びがてら
仕事するかもしれないけどね。

 

やりたいことって何だろう何だろうって
ずっとずっと苦しみながら
追い求めた先にあったものは、

 

「何もしない」

 

ことだったよ。

 

やりがいのある仕事
しなくたっていいじゃない。
成功しなくたっていいじゃない。
億万長者になれなくったっていいじゃない。

 

何もしないでボケーッと過ごす日々が、
今は途轍もない幸せです♡