人生は「ニャン!」とでもなる。

神奈川在住、アラフォーゲイのブログ。心理占星術/潜在数秘術®/エサレン®ボディーワーク

実家生活最終日

アメブロ記事(2014/6/12)の再更新です。

 

f:id:marunosuke1107:20180511122903j:image

 

こんにちは。
男性カラーセラピストのまるのすけです。

昨日は1日雨だったけど、
ブログ書く気になれなくて放置。
でも、書きたいことは沢山あるのよねー。
でも、ブログにするのが面倒。

思ったことを文字化して、
勝手にブログに投稿できる能力でも
あればいいのに(笑)!

10日ほど滞在した実家ですが、
いよいよ明日の朝
東京に戻ることになりました。

あっという間だったなー。

両親との諍いはほとんどなし。

あ、
昨日父親に「帰れ!」って言われたか。
『明後日帰ります』って言い返したけど。
そしたら「明日帰れ!」って
言われたけど、無視したw
(その後しばらくしたら、
ご機嫌取りのため(?)
何やら話しかけられたわ)

母親とはこの10日間、
すこぶる仲が良かった。
喧嘩も言い争いも全くしなかった。
とことん甘えた。

洗い物もしない。
洗濯物も畳まない。
やったのは家中の雨戸を閉めたぐらいか
(6人家族だったから
部屋が沢山あるのだよねー)。

『手伝おうか?』って言っても、
「やらなくていいわよ」
って言うんだもん。
だから、やらないことにした。
それが母の愛だと思ったから。

そのおかげか、
手湿疹はかなり良くなったよ(^▽^
(去年後半の手湿疹を知ってる人は
その違いわかるでしょ?
ただし、右手はもうちょっと悪い)。

image

ちなみに腕の湿疹はこんな感じ(*´Д)
でも、これでも良くなってんの。

image

image

母親からも、父親からも、
愛されてる、
ってわかったこの10日間。

友達からも愛されてることを、
最近特に感じることが
できるようになっている。

だけど、
日曜日からすごく苦しくて辛くて。
日・月がピークで、
少しずつ抜けてきてはいるんだけどね。

自分で自分のこと、
責めたり裁いたり
けちょんけちょんにしていたのでした。

実家の自分の机の引き出しに、
ノートが沢山あった。
その中の1冊に書いてあったこと。

治したいこと
・自己嫌悪
・自己否定
・自己卑下

日付を見たら、6年前。
6年前といえば、
ヒーリングと出会った頃。

その頃、自分は自分と向き合って、
既に自己嫌悪・自己否定・自己卑下が
強いことはわかっていた。
どうにかしたくて、
いろんなメソッドを試してみた。

自分の中では、
この6年で解消されたと思ってた。
思い込んでた。
だけど、
それは完全に「蓋をしていた」だけだった。

蓋をして押し込めて、
表面上はなんとなく
上手くいってるようだったけど、
押し込めていたモノたちは
余計にパワーアップして、
ついに蓋を突き破ってきたんだ。

この6年、何やってたの俺?
もうすぐ40じゃん。
そんな年まで何を・・・

なんてことも頭が囁く。
でも、
それも俺にとっては
必要な時間だったんだろうし、
年齢なんて関係ない。
蓋に気付かず
モヤモヤを抱えながら死んでいくより、
今気付けて良かった。

何十年と抱えてきたのだから、
そんな簡単に自己否定やら無価値感が
なくなるわけじゃない。
だけど、
それだけ熟成させてきたそれらが
抜けていく日を考えると、
そのコントラストは
ものすごいことになるだろうって思える。

そして、感情も感じられるように
なってきたんだけど、
自分を縛ってた信念も
バシバシ気付けるようになってきて、
日曜日を境に、
さらに変化が激しくなってきたように思う。

いろんな信念に包まれて
霧のような人生だったけど、
ようやく晴れ間が見えてきた気がする。

けど、
ホントにやりたいことが何なのかは、
まだよくわからないというところが
正直なところだ。

でも、
それでもいいって思えるようになった。

やりたいことをとことんやってる人が
眩しく見えていたのは、

「やりたいことを思う存分やれる人生は素晴らしい」

っていう信念があったから。

そうかもしれないけど、

やりたいことを思う存分やれない人生だって、
素晴らしいよね。

優劣なんて、ホントはないんだよね。
どっちだっていいじゃん!
もう、何だっていいじゃん!

来週から仕事に戻るけど、
超ゆるゆるライフを送るつもり。
週休4日!
しばらく月水金しか働きません!!

働かざる者でも食っていけます。
仕事してないから立派ではない、
なんてことはない。
人様の役に立つことなんて
しなくてもかまわない。

人様より自分様。

ゆるゆるライフ送ってれば、
そのうちピーン!と来て、
何かしたいって欲も出てくるかもしれないし、
出てこないかもしれない。
全て委ねる。

もう、それでいいんだ。

しなければならないことなんて、何もないんだ。