人生は「ニャン!」とでもなる。

神奈川在住、アラフォーゲイのブログ。心理占星術/HSP/エサレン®ボディーワーク

マイノリティであることを、弱みから武器に変える。

アメブロ記事(2017/11/9)の再更新です。

 

こんばんは。

アクセスコンシャスネス™バーズファシリテーターの

まるのすけです。

 

 

一昨日始めた

クラウドファンディング、

じわじわと支援の輪が

広がっています。

ありがとうございます。

 

 

支援してくれたうちのひとり、

kikkaさん

FBで今回のCFのことを

シェアしてくれたんですが、

それがものすごくうれしくて。

 

 

他にも沢山の方々に

シェアしていただいていて、

それもとてもうれしかったんですが、

kikkaさんは僕が感じてること、

言いたかったことを

的確に表現されていて!

 

 

テレパシーでも

使えるのではないかと

思ったぐらい(笑)

 

 

というのは冗談なのだけど、

 

去年の秋、

全身全霊を込めて書いた記事

覚えてくれていて

うれしかったなー。

 

 

そのkikkaさんがね、

FBの中で

 

 

 

「ゲイであること」を
完全に強みにしてる!

すごい!!

 

 

 

と書いてました。

 

 

はい。

完全に強みにしてます。

これは狙ってやってます。

 

 

マイノリティというのは

弱みなんかじゃない。

武器になるんですよ。

 

 

image

 

 

まあ、

こう思えるまでに

何十年もの歳月を

費やしたけどね・・・

 

 

初めて自分がゲイであると

自覚したとき、

僕の目の前は真っ暗でした。

 

 

それまで、

 

 

いい高校に入って

いい大学に入って

いい会社に入って

結婚して

家族を作って

・・・

 

 

みたいな価値観を

植えつけられて

育って来たから。

 

 

あれ?

そのレールには

もう乗れなくなるじゃん。

みんなと違う人生になるの?

普通の人生歩めなくなるの?

怖い・・・怖い・・・

 

 

今となっては

「何をもって『普通』なんだ」

って思うけど、

当時は普通じゃなくなる恐怖が

尋常ではなくて。

 

 

それだけじゃなくて、

ゲイだと自覚しても、

誰にも言えなかったしね。

しばらくゲイの友達も

できなかったし。

ようやくネットが普及し出した頃。

 

 

あの頃、

お先真っ暗だった自分と比べたら

今の自分は相当変わったと思う。

そう考えたら、

本当に強くなったと思う。

 

 

でも、まだまだ弱い。

弱いことが惨めなことだとか

良くないことだとは思ってないけど、

もっともっと強くなりたいし、

もっともっと強くなれると思う。

 


同じにしないでと

思うかもしれないけど、

僕と同じような

「マイノリティ」の方へ。

 

 

マイノリティは

弱みでも何でもない。

マイノリティであるからこそ

感じられること。

考えられること。

気付けること。

それってある意味

僕らの武器です。宝物です。

 

 

マイノリティであることって

怖いと思うかもしれないね。

時代は変わってきてるとはいえ、

日本って

とっても同調圧力が強いから。

 

 

僕は首都圏に住んでるから

まだマシかもしれないけど、

地方はさらに

その圧力が強いと感じてます。

 

 

でもね、

マイノリティ性って

誰もが持ってるんじゃないかと

思うのです。

 

 

特に「性」のことなんて

顕著なんだよね。

そういう仕事してきたのもあるし、

誰にも言えない秘密を

抱えてるひとが少なくないのは

知ってる。

 

 

でね、

「性」のことに限らず、

どのマイノリティ性も

角度を変えれば武器になるし、

視点を変えれば宝物になります。

 


そんな視点で人生生きていったら、

どれだけのことを創造できるか。

どれだけ自分を変えることができて

どれだけ社会や世界に貢献できるか。

 

 

生かすも殺すも自分次第。

できればね、

ゲイが強みである社会なんて

早く終わってほしいと思うけど、

それまでは強みとして

「使って」いきたいと思います。

 

 

ゲイ、万歳!!