人生は「ニャン!」とでもなる。

神奈川在住、アラフォーゲイのブログ。心理占星術/HSP/エサレン®ボディーワーク

【 ゲイの友達がほしいの 】というひととは友達になりたくありません。

アメブロ記事(2016/8/11)の再更新です。

 

おはようございます。
アクセスコンシャスネス®バーズファシリテーター、
アクセスコンシャスネス®バディプロセスファシリテーターのまるのすけです。

 

 

松江でのお仕事もほぼ終わり、

今日はのんびり観光予定です。

次回の訪問は未定なので、

しっかり観光してきます~(´∀`)

 

 

昨日、

FBで面白い投稿が流れてきました。

 

 

ゲイあるある満載!

ゲイカップルが普段受ける“変わった”質問集

 

 

image

 

 

そうそうそうなのー!!

「ゲイ」ってだけで、

なんでそんなこと聴かれるの?

なんでそんなふうに思うの?

ってことはとってもよくある。

それがこのページにまとめられてました。

面白かった(^∇^)

 

 

が・・・

実際、同じような場面になると

「面白かった」とも言ってられなくて。

 

 

あー、またその質問ね。

とか思うこともしばしば。

そのひとの性に対するものの見方が

手に取るようにわかるから、

それはそれで面白いんだけどねー

(それについての記事はまた後日)。

 

 

上のサイト、

【質問集】と書いてあるけど、

質問だけじゃなくて、

お願いされる要望、

みたいのも書いてありました。

 

 

ゲイの赤ちゃんがほしい!

結婚式に参加させて!

服を選んで!

とか。

初対面でそんなこと聴かれるか?

っつー話もあるけど(笑)、

アメリカとかならあるのかな。

 

 

ただ、これあるある~、

俺もあんまりこれ好きじゃないわー、

ってのが・・・

 

 

 

あたし、

ゲイの友達がほしいの

 

 

 

てやつね。

 

 

つーか、

ゲイだっていろんなひとがいるし。

「ゲイ」というステレオタイプなんてない。

 

 

よくあるのが、

ゲイは優しいひとが多いとか

ゲイはセンスがいいとかなんとか。

優しくないひとだっていーっぱいいるし、

センス悪いひとだっていーっぱいいる。

 

 

そういう色眼鏡で見る人は、

結局肩書きでひとを判断したりとか、

【そのひとそのもの】を見ないで

友達になったり、近づこうとする。

 

 

そんなひとに、

「友達になって」

と言われたら

 

 

 

いやです

 

 

 

としか言わないよ(笑)

 

 

ま、俺の場合、

ウソ発見器の精度が高いので(自称)、

肩書きで判断してるかとか、

利用しようとしてるかとか、

そういうのは感覚でわかるから、

言葉尻だけでは捉えないけどね。

 

 

でも、

言葉でしか捉えないようなひとに

同じこと言ったら、

きっとうまくいかないよー。

 

 

俺はゲイとして生きることで、

こうして関わっていくひとの

ものの見方、

特に性に対するものの見方ね、

それがすごーくよくわかって面白いの。

 

 

全然ジャッジありません!とか言って、

ジャッジありありなひと、沢山いるしー。

とか書いてる俺の方が

ありありかもしれないけどねー(笑)

その辺、また記事にしたいと思います。

 

 

やっぱりセクシャリティネタは

書いてて楽しいわ(´∀`)