人生は「ニャン!」とでもなる。

神奈川在住、アラフォーゲイのブログ。心理占星術/HSP/エサレン®ボディーワーク

男が男を好きで何が悪い?! ~東京レインボープライドで伝えたかったこと。

アメブロ記事(2016/5/10)の再更新です。

 

こんばんは。
アクセスコンシャスネス™バーズファシリテーター、
アクセスコンシャスネス™バディプロセスファシリテーターのまるのすけです。

 

日曜日に参加した、

TOKYO RAINBOW PRIDE 2016。

 

バーズの体験セッション、

 

満員御礼!やったー!!

 

だったのですが・・・

その陰で、すっかり当初の目的を

忘れてしまっていました(´д`lll)

 

今でこそゲイと公言して

仕事をしているこの俺ですが

(but家族は姉以外は知りません)、

カミングアウト大作戦を開始したのは、

たったの2年前のことです。

それまでは慎重に慎重を期して、

人を選んでカミングアウトをしていました。

 

2年前にFBのタイムライン上で

「ゲイでーす」と公表してからも、

なんとなくセクシャリティに対して

ブロックは残ってました。

 

それがね、バーズ™を始めて、

すっかりなくなってるのに気付いたの。

今なら、

親にバレてしまったとしても、

 

 

ゲイですが、何か?

 

 

と言える自信がある

(そんな言い方はしないけどね(笑))。

 

「世間一般の常識」

から外れていようが、

子孫を残せなかろうが、

それが一体何なんだ、と。

 

「常識」の呪縛って、

ゲイなどのLGBTだけでなく、

多くの人にとって、

とても強いものかもしれない。

 

だけどね、

セクシャリティって、

人生に関わるの。

何気ない日常に関わってくるの。

 

ゲイ&バイ男性の自殺未遂経験率は、

そうでない男性と比べて、

なんと約6倍。

 

それがそれを物語っていると、

俺は思う。

 

で、そんな状況・・・

バーズで少しでも軽くできるんじゃない?

って思うんだ。

 

結局、辛さも苦しみも、

作ってるのは自分の思い込み

(自分の思い込みが原因=自己責任

という意味ではありませんので、念のため)。

 

セクシャリティに対する

思い込みがなくなれば、

セクシャリティのことで

自己否定なんてしなくなる。

今の俺は、まさにそんな感じ。

 

・・・それもあり、

今回のブース出展の当初の目的を

すっかり忘れてしまったのでしたヽ(;´Д`)ノ

 

 

image

 


この光景って変?

こちとら当たり前なんですが(笑)、

FBなんかで、

「今日は駅で男性2人組が

手を繋いでるのを見かけたの!」

なんて投稿も目にするからさ~。

そういう時は、

 

 

見かけたから何なんだよ

 

 

とかコメントしてやりたいんだけど(笑)

 

そういう人も

「微笑ましかったわー」ぐらいな気持ちで

投稿したのかもしれないけど、

男女のカップルが手繋いでるの

見ても投稿しないっしょ~?

 

ってことは、

やっぱりある程度奇異というか、

物珍しい目で

見てるんじゃないかと思うのだよ。

 

そういうのもぜーんぶなくなって、

上の写真見ても、

だーれもなーんとも思わなくなる

世界になればいいのにな。

 

その一助にバーズがなるべく、

来年はもうちっとアピールしつつ、

ブース出展ができればなぁ、と思います(´∀`)