人生は「ニャン!」とでもなる。

神奈川在住、アラフォーゲイのブログ。心理占星術/HSP/エサレン®ボディーワーク

オトコのこともオンナのこともわかるようで、オトコのこともオンナのこともわからない。というか・・・

アメブロ記事(2016/3/23)の再更新です。

 

こんばんはー。
アクセスコンシャスネス®・バーズ・ファシリテーター、
アクセスコンシャスネス®・バディプロセス・ファシリテーターのまるのすけです。

 

今日は束の間の休日。

が、セミナーの準備したり、区役所行ったり、

引っ越しの準備したり、家電買ったりしてたら、

あっという間に終わった(ノДT)

 

阿蘇で入った地獄温泉。

そこで、バーズクラスのホストみよちゃんとその友達けいこちゃん、

3人で仲良く混浴してきました(笑)

 

 

image

 

 

そこでセクシャリティについて語る機会があったのだけどね、

そこで俺は男のことも女のこともわかるようで、

実はどっちもよくわからないって言ったの。

 

女性には「よく女の気持ちがわかるねー」とか言われるけど、そんなことない。

わかる部分はわかるけど、わからないところはよくわからない。

一緒に便所行くとか(笑)、

仲いいのかと思ったら陰でめちゃめちゃ悪口言ったりするとことか。

 

かと言って、男のこともよくわからない。

ストレートの男と話してると、

事実ばかりに着目した話が多くて、「感覚」について話すことが少ないから、

つまらないことが多い。

俺は感じたこととかを話す方が楽しいから。

そういう意味で、「感覚」について語り合える女性の方が、

昔から一緒にいて話は合うし、落ち着くのだよね。

 

が・・・結局のところ、

男は〇〇とか、女は〇〇とか、

そういう傾向があるというだけで、

そもそも男=〇〇、女=〇〇なんてものは

 

 

ただのひとつもない

 

 

と思ってる(肉体は除きます)。

 

だから、男はこうだ、女はこうだ、

と主張してる人たちにずっと違和感を感じ続けてた。

そんな単純に真っ二つに分けられるもんじゃないじゃん、って。

 

肉体はある程度分けられるとしても

(男と女に分けられない方もいるので(←あまり知られてないと思いますが)、

「ある程度」と書きました)、

中身は人の数だけ違いがあるよね。

 

俺は20歳を前にゲイだと自覚してから、

セクシャリティについて、沢山沢山考えて来ました。

 

男って何だろう?女って何だろう?

男らしさって何だろう?女らしさって何だろう?

それって常識のように語られてるけど、単なる押し付けだよね?

そこから外れた人(つまりは俺だったわけねw)はおかしいって言うわけ?

まさか生きる価値がないとか言わないよね?

・・・言われたことあるけどね(笑)

 

男らしさとか女らしさが云々とかは言われなくなって昨今だけど、

男はこうだ、女はこうだ、みたいな話は形を変えていまだに続いていて、

そういうの読むたびにずっと違和感を感じ続けている俺。

 

どっちにも属せない悔しさとか僻みとかじゃなくてね(笑)。

男でも「いわゆる」女性性が強い人もいるし、

女でも「いわゆる」男性性が強い人もいるじゃない?

だから、男論とか女論とかなくなってしまえばいいのに!って実は思ってる(笑)

 

地獄温泉で、混浴してた2人から、

 

 

まるちゃんは「まるちゃん」っていうカテゴリーだよね

 

 

って言われた。

今まで何度も言われたことあるんだよね。

男とか女とか、そういうの越えて、「まるちゃん」だよね、って。

 

でも、俺だけじゃなく、みんながみんな、

男とか女とかの前に、その人なんじゃないのかな?と俺は思うんだよね。

もっと男とか女とか、そういう縛りから解き放たれて生きていけたら

もっと人生楽になるだろうに。

事実、俺の人生はそれで楽になったから。

 

今日は満月だったんだね。

曇りで見えなかったけど(笑)。

20日は宇宙の元旦だったし、今日は満月。

俺の中もどんどん変化が起こってます。

少しずつ、このブログも変化していく・・・かも。