人生は「ニャン!」とでもなる。

神奈川在住、アラフォーゲイのブログ。心理占星術/HSP/エサレン®ボディーワーク

趣味は人の固定観念をぶち壊すことです。

アメブロ記事(2014/6/15)の再更新です。

 

f:id:marunosuke1107:20180511122756j:image

 

こんにちは。
男性カラーセラピストのまるのすけです。

さっき公園まで散歩に行って日光浴して
その帰りに沸々と湧き上がる思いが
込み上げてきたので、
早くも今日2回目の更新。

ホントはもっと別のこと書こうと
思ってたんだけどね。
子宮様が許さないみたいw
あ、

あたしのせいに
するんじゃないよ

って怒られました(・∀・)

このブログを始めたのは、
単に自分の思いを
吐き出したかったからでした。

今までいくつものブログを
立ち上げました。
いくつ作ったか覚えてないぐらい(笑)。
でも、どのブログでも、
自分のありのまま100%出すことは
勇気がなくてできなかった。

なのに、今回は顔出しまでして
FBと連動させてまで、
もう自分のありったけの思いを
ぶちまけたくなった。

それはね、
ありのままの自分でいたいという
叫びももちろんあったよ。
けどね、自分が率先して
ありのままの姿に戻って行けば、
同じように悶々とした思いを
抱きながらも、
ありのままで生きるのは怖いって
躊躇してる人たちに対して、
背中を押してあげられるかな
って思ったから。

別にね、

ありのままであること=良い、
ありのままでないこと=悪い、

って思ってるわけでは
決してありません。

ただ、自分はありのままの方が
楽であるってわかったし、
そして、ありのままの方が楽だ、
ありのままで生きたい!
って思っているにも関わらず、
いろんなモノが邪魔をして
ありのままで生きられない人が
沢山いるって感じたから。

やっぱり怖いよね。
やっぱり不安だよね。
自分をさらけ出すのって。

でもね、
必ず共感してくれる人はいるから。
わかってくれる人はいるから。

てかね、
そんなのはそのうちどうでもよくなって
ホントに自分が楽になるから。

吐き出し始めた自分だから、
言えること。
人間関係とか、
その他変わってしまうことは
あるかもしれないけれど、
自分はどんどん軽くなっていってるよ。
そのうち飛べるようになるかも(笑)。

自分もここまで書くのには
勇気が必要でした。
今まで散々書いてるけど、
それを後押ししてくれたのは、

子宮委員長はるちゃんのブログでした。

俺もはるちゃんに続きたい。

はるちゃんのはちゃめちゃな人生は
(もちろんいい意味で)、
共鳴することが実に沢山あった。

特に、性に関すること。

自分も性に関して、
はちゃめちゃな人生を送ってきた。
でも、まだその欠片程度しか、
このブログには書いてない。

たかがセックス。
されどセックス。

セックスに関する信念が
どれほど強いものか、わかってる?
わかってセックスしてる?

自分はゲイとして生きてきたおかげで、
自分で自分を縛ってた、
セックスに関する沢山の信念を
ぶち壊すことができた
(これでも学生時代は
もんのすごく奥手だったのです。
また記事にしまーす( ´艸`))。

セックスに関することだけじゃないけど
ゲイとして生きてきたからこそ、
ぶち壊せたものは沢山ある。

ゲイでなくともぶち壊せたものも
沢山あっただろうけど、
ゲイじゃなかったら、
こんなにまで自分のこと、
人生のことに、
思いを馳せることはなかったと思う。

環境的には恵まれていたから。
お金に不自由することもなく、
世間で言ういい高校いい大学っていう
レールに乗って。
ゲイでなかったら、
そのまま結婚でもして、家族もって、
なーんも考えず、
「いわゆる幸せな人生」を
歩んでたかもしれないね。

でもね、この波乱万丈な人生は
自分で選んだんだよ。
多分こっちのが楽しいだろうって。
実際、「いわゆる幸せな人生」よりも、
よっぽど楽しいと思う。
なかなか味わえないようなこと、
沢山できた。

ゲイだからこそ、
俺は自分と向き合うことができた。
だから俺にとって、

ゲイであることは
誇りです。

さて、タイトルに書いた、

「趣味は人の固定観念
ぶち壊すことです。」

今までもこのブログ読んでぶち壊された方、
いるかもしれませんが、
加速度つけてぶち壊していけたら、
と思ってます( ´艸`)

常識なんて
くそくらえ。

そんなの一体
誰がいつどうやって決めた?
時代や文化で変化するようなもの、
物事の本質ではないんだよ。

そんなものに一切縛られず、
みんながみんな自分を生きることが
できるようになったら、
どれだけ平和な世の中になることか。

では、固定観念ぶち壊し計画、
性に関するネタ中心に、
少しずつ書いていくとします( ´艸`)

・・・なんて書くと
自分にプレッシャー与えそうなんで、
適当にやっていきます(^^;)

アデュー!